痩せる効率的な筋トレ方法。ダイエットの近道!

痩せる効率的な筋トレ方法。ダイエットの近道!

ダイエット方法で効果があるのは、摂取カロリーを抑える食事制限と無酸素運動である筋トレ、有酸素運動になります。有酸素運動と無酸素運動の違いなどを紹介します。

有酸素運動と無酸素運動の違い

無酸素運動は、筋肉を増やす筋トレ、全力疾走などのメニューをいいます。有酸素運動は、脂肪を燃焼させるジョギングやウォーキングです。

運動の消費カロリーを上げるには?

消費カロリーを上げるには、筋肉の量も重要です。筋トレをしてから、有酸素運動をすると消費カロリーが上がります。また、食事を摂取していない状態で有酸素運動をした方が脂肪を燃焼します。

また、激しすぎる運動よりは、少しきつい位の方が脂肪を燃焼しやすいです。
筋肉を増やすと基礎代謝を上げたり、いい体、有酸素運動の効率が上がったり、精神面などのメンタルが強くなったりメリットが多いです。

おすすめの筋トレ

ジムではなくて、家で筋トレする場合は、道具を使用しなくて、効果がある、スクワットです。太ももを鍛えると筋肉を占める割合が多く、基礎代謝もあがりやすいです。基礎代謝を上げることは、太りづらい、痩せやすい体作りに大切です。

モテたい男性や力をつけたい場合は、ダンベルもおすすめ。腕を鍛えるとかっこよく見えます。

ダイエットは食事にも気をつけよう

痩せるためには、食事制限も大事です。筋肉を減らさないためには、たんぱく質がおすすめです。ヨーグルトは、必須アミノ酸のロイシンが入っていて、筋肉を作るスイッチを入れてくれます。

空腹時の筋肉を減らすのも防ぐことができます。
また、ゆで卵は、栄養素のバランスがよく、太りづらい食品なので、ダイエット時にもおすすめです。大豆や鶏肉も肌によく、たんぱく質摂取やダイエット時にもおすすめ。一番太る夜は、炭水化物を減らして、糖質制限をして、たんぱく質を摂取すると太りづらいです。糖質の制限しすぎも、吸収率があがりますので、少しは糖質を摂取するようにしましょう。

筋肉トレーニング時には、プロテインを摂取すると筋肉がつきやすくなります。効率よくたんぱく質をプロテインで摂取できます。筋トレで筋肉を増やすには、たんぱく質が必要です。

痩せるためには、脂肪と糖質をエネルギーにする有酸素運動、糖質を消費する無酸素運動を組み合わせてトレーニングしましょう。

ボディメイクカテゴリの最新記事