ネット回線情報なら【さがすログ】

インターネットを利用する際の注意点と危険性

インターネットを利用する際の注意点と危険性

スマホの利用者が増えたことにより、日常生活でネットを利用する機会が増えています。

ネットを活用することで、様々な情報を入手できるようになりました。WEBサービスやソフト、機能を使用することで、生活がかなり便利になりました。

現在、生活するうえで、ネット活用は必須になってきています。ネットに接続しないと就活や仕事、教育も受けられなかったりしてきています。

インターネットの注意点

ネットでは、全ての利用者がいいとは、限りません。世の中には犯罪も多くあります。ネットの技術やサービスを悪用したコンピュータウイルスや迷惑メールやメルマガの大量送信、コンピュータウイルスによる不正侵入、インターネット上での詐欺行為などインターネットを利用した犯罪も増加しています。

ネットを利用するには正しい知識を教育などで身につけ、ネットを安全に利用するための適切な対策を習得して安全教育をする必要があります。

電話番号やメールアドレス、写真などの個人情報の漏洩も通販などがクレジットカード情報を狙われたりと被害が発生しています。自分の安全を守ると同時に、他人に迷惑をかけないようにすることも大切です。

インターネットを利用する際に危険に巻き込まれないように気をつける行動や対策、トラブルに巻き込まれないおうに気をつける行動や対策があります。トラブルに巻き込まれた場合の状態や対応など日常のインターネットを利用している時に正しい行動をできるように知識を学ぶ必要があります。

インターネットを利用して、発生する可能性がある危険について知ってますか?
自己や被害の事例をしったり、セキュリティを知ることで防ぐことができます。楽しく便利なインターネットをより活用していきましょう。

ワンクリック詐欺とは?

インターネットの世界でどのような危険があるかですが、不正な支払いを要求する怪しいサイトがあり、架空請求やワンクリック詐欺があります。ワンクリック詐欺とは、クリックしただけで高額な料金を請求されてしまいます。

パソコンやスマホホームページを見る際は、入会や登録していないのに登録完了や請求画面が出た場合は注意しましょう。多額の利用料金が発生することは通常ありません。

架空請求とは?

使用してもないのに、インターネットのサービス事業者からメールが突然送られてきて、優良サイトの高額な利用料金や長期延滞料金などの支払いを請求されることがあります。

不安になって連絡したり、料金を支払ってはいけません。騙される危険性がありますので、注意してください。不安になりますが、相談するようにしましょう。指定の銀行振込口座に入金するように指示がある場合も要注意です。最終通告や裁判所への出廷など恐怖で脅す場合もあります。

重要な情報が流出

仕事などで重要な情報が公開されてしまうかもしれないデータの外部送信も要注意です。ファイルの外部送信は、重要な情報を含むファイルをインターネット上に掲載されて公開されてしまう可能性があります。

パソコンやスマホを利用していると、プライベートな情報や仕事にかかわる情報が膨れる写真や文章などのファイルが沢山保存されてると思います。インターネットを利用して、使用するパソコンがウイルスに感染するとファイルが外部に送信されてしまいます。

アドレス帳やメール履歴にメールアドレスにあるメールアドレスに誤って送信してしまうと、ホームページ上など公開されて、悪用されてしまう可能性もあります。一度流出してしまうと、金銭の要求や削除が非常に困難になる場合があります。漏洩することは、企業が管理する顧客情報など重要なファイルも狙われていて、もし情報が流出してしまうと信用問題につながる恐れがあります。

ウイルスによる情報の外部送信

パソコンのウイルス感染は、ファイルだけではなく、コンピュータに記録されている情報も外部に送信してしまう場合や遠隔操作されてしまうものまであります。スマホに記録されている電話番号や住所、位置情報、ID、パスワードなど、所有者の個人情報や連絡先なども流出してしまうと大変困ります。流出したクレジットカード情報などにより、被害が発生してしまうこともあります。

不正行為に悪用される情報の盗取

入力情報の盗取は注意です。重要な情報が盗み取られて、特にオンラインバンキングのIDやパスワードなどは要注意です。不正行為に悪用されることがあります。特定のコンピュータを対象に狙って、情報を盗取場合もあります。

PCで操作した行動記録、キーボードで入力した情報、画面に表示した画像、ID、パスワードなどあらゆる情報が漏洩してしまう危険性があります。フィッシングによる盗取にも注意しましょう。重要な情報を盗み取られないように普段から気をつける必要があります。

ネットバンキング不正送金

インターネットバンキングを利用する方が増えています。口座操作に必要な認証情報は盗み取られないようにして下さい。もし、流出した場合、多額の被害が発生します。メールからアクセスして、偽の画面サイトなどもあります。そこに情報を入力させて、盗み取ろうとするのです。
利用者になりすまして、不正送金もあります。

ネットショップやオークション詐欺

ネット通販やヤフオクなどのオークションを利用する方が増えています。最近は、スマホアプリのメルカリなどフリマアプリも使用される方が増えて身近になっています。不正なネットショップを信用して、商品の代金を支払っても、商品が届かなかったり、便利ではありますが、騙そうとしている方もいます。ブランド品の偽物商品が届くなどの被害も発生しているようです。
ネットオークションも偽物や破損している、商品説明と違った商品が届くなどのトラブルもあります。ネット通販、ヤフオクやフリマアプリのメルカリなどを利用する際は、気をつけましょう。

データ破壊

パソコンに保存してある大切な情報を記録したファイルが削除されてしまうことがあります。パソコンやスマホには、データファイルが保存されています。ウイルスに感染してしまうと、勝手に削除されてしまう危険性があります。仕事で重要なファイルなどは特にバックアップを取るなどして、普段から気をつけましょう。データ破壊以外にシステム破壊にも注意です。WindowsやMacなどパソコンが急に使用できなくなる可能性もあります。ウイルスはHDDを破壊するものもあります。

インターネットの安全な利用方法

インターネットで被害にあわない為には、危険があることをしておいてください。また、対策方法も知っておくようにしましょう。個人情報の取り扱いにも要注意です。安全性の高いパスワードを使用しましょう。個人情報の管理は大切で時と場合によりウイルス対策も必要です。不正アクセス対策も必要です。メールにも注意しましょう。